鼻の病気

HOME医師のご紹介当院のご案内診療案内交通案内初診の方へ
携帯サイト

携帯のバーコードリーダーで左のQRコードを読み取ってください。


トップページ»  鼻の病気

鼻の病気

急性鼻炎(きゅうせいびえん)

鼻腔の粘膜に、さまざまな原因で炎症が生じたものを鼻炎といいますが、そのなかで急激な経過をとるものを急性鼻炎といいます。いわゆる鼻かぜですが、大部分がかぜのウイルスによって引き起こされます。

アレルギー性鼻炎(あれるぎーせいびえん)

アレルギー性鼻炎は、ダニ、ハウスダスト、花粉などの吸入性アレルゲン(抗原)の吸入により起こる鼻粘膜系のアレルギー性疾患のことをいいます。連続するくしゃみや水性の鼻水、鼻づまりなどの症状がみられます。通年性と季節性に分けられます。

花粉症(かふんしょう)

「季節性アレルギー性鼻炎」もしくは「季節性アレルギー性結膜炎」とも呼ばれ、スギやヒノキなどの植物の花粉が原因(アレルゲン)となって、くしゃみ、鼻みず、鼻づまり、目の充血やかゆみ、流涙などの諸症状を惹き起こすアレルギー性の病気です。

好酸球増多性鼻炎(こうさんきゅうぞうたせいびえん)

アレルギー性鼻炎の症状があり、アレルギーの原因は同定できませんが、鼻汁好酸球検査は陽性を示す鼻炎のことをいいます。

血管運動性鼻炎(けっかんうんどうせいびえん)

アレルギー性鼻炎の症状があるにもかかわらず、アレルギー検査で原因が確定できない(鼻汁好酸球検査も陰性)鼻炎のことをいいます。普段、運動量の少ない日常生活やデスクワークにおいて、鼻腔の血管が拡張し、鼻詰まりになりやすく、運動量が増えれば血管の流れもよくなることで症状が解消されることからこの名前の由来があります。

急性副鼻腔炎(きゅうせいふくびこうえん)

副鼻腔に急性の炎症が起こることを急性副鼻腔炎といいます。原因として肺炎球菌、インフルエンザ菌、ブドウ球菌などの細菌があげられます。かぜに引き続いて細菌が感染して発症することが多いのが特徴です。

慢性副鼻腔炎(まんせいふくびこうえん)

一般に急性副鼻腔炎が治らずに慢性化したものを慢性副鼻腔炎といいます。鼻と副鼻腔をつないでいる小さな穴が細菌感染により生じる粘膜のはれにより閉じられてしまい、副鼻腔にたまったうみが鼻腔に排泄されにくくなることが原因としてあげられます。

鼻茸症(はなたけしょう)

副鼻腔粘膜(ふくびくうねんまく)または鼻腔粘膜から生じる炎症性増殖性の腫瘤(しゅりゅう)です。
鼻茸の発症の原因は単一なものではなく、種々の因子が関与しているものと考えられています。
副鼻腔炎、アレルギー性鼻炎、気管支喘息(きかんしぜんそく)の症例での合併が多いため、感染とアレルギーが原因として考えられます。

術後性頬部襄腫(じゅつごせいきょうぶのうしゅ)

蓄膿症手術の晩期の合併症です。急激に頬が腫れ、痛みを伴います。抗生剤の内服や歯齦部より針を刺して内容物を排液することで一時的には改善しますが、繰り返すようであれば手術が必要です。

鼻前庭湿疹(びぜんていしっしん)

鼻の入り口が荒れて、かさぶたができ、かゆみや刺激がある状態です。鼻の入り口(鼻前庭)の荒れ(湿疹)が主ですが、鼻前庭のうしろに続く鼻中隔粘膜(びちゅうかくねんまく)にも荒れが進んで潰瘍(かいよう)ができ、鼻血(はなぢ)が出ることもあります。

鼻中隔彎曲症(びちゅうかくわんきょくしょう)

鼻中隔は本来、鼻梁(びりょう)(鼻すじ)に沿って、まっすぐ伸びています。その鼻中隔が、曲がっている状態を、「鼻中隔彎曲症」といいます。鼻中隔彎曲症では鼻閉(鼻づまり)、頭重感があります。鼻炎や副鼻腔炎を合併してくると、鼻汁過多、後鼻漏(鼻汁がのどのほうにおりる)、さらには鼻出血、嗅覚障害などをおこします。

鼻出血症(びしゅっけつしょう)

鼻出血のほとんどは、鼻中隔(鼻の中央の骨・軟骨)の前方(キーゼルバッハ部位)に出血部位があります。
鼻中隔の前方は、鼻をさわることによって傷がつきやすい場所です。また、くしゃみや咳をした時に血圧が上がり、鼻出血が起こることもあります。

鼻骨骨折(びこつこっせつ)

鼻は上2分の1を鼻骨、下2分の1を軟骨で形を保っています。鼻骨は左右の骨が切妻屋根のようになっています。鼻に外傷が加わると、屋根が崩れるように変形します。受傷直後に鼻出血、皮下出血、鼻の変形がみられ、間もなく鼻の付け根部分がはれます。受傷により鼻づまりが出たり、美容的に問題がある場合は整復術を行うことがあります。

嗅覚障害(きゅうかくしょうがい)

嗅覚障害の内容と原因はいろいろあります。嗅覚機能の低下(嗅覚脱失(だっしつ)と嗅覚減退)が訴えの大半を占めますが、軽微な悪臭にも耐えられない嗅覚過敏(広義の化学物質過敏症)、本来よいはずのにおいを悪臭と感じる嗅覚錯誤(さくご)(異臭症(いしゅうしょう))などもあります。

上顎癌(じょうがくがん)

上顎に原発した癌腫(がんしゅ)のことをいいます。歯肉、口蓋(こうがい)に発生するものに比べて、上顎洞(上顎骨内部の空洞)内部での発生が多くみられます。上顎癌の初期段階では症状に気付かないことも多いとされていますが、進行すると片側の鼻づまり、鼻血、悪臭のある鼻汁、嗅覚障害などの症状が現れます。